• トップページに戻るには、上部の看板画像をクリックして下さい。
  • ZENサンガのお月謝は3000円。 今期募集に限り入会金が免除されます。
  • 新規会員は1年間、以降は半年毎の更新になります。

天河写真


ZENサンガは
社会での義務と役割を脱ぎ捨て
本当の命を共に生きる魂の共同体です



ZENサンガと天河大辨財天社

空海は、弁財天こそが護法の最上神だと述べています。

その弁財天とは、空海が修業をして悟りを開いた天河大辨財天社であろうことは想像に難くありません。

2015年1月、天河大辨財天社にてZENサンガの発足式が執り行なわれました。

2020年からは、柿坂宮司がZENサンガの仲間になってくれます。

これがどういうことかと言えば、メンバー各位の魂のよりどころができるということです。

昔から、呼ばれた人しか訪れることができないと言われてきた天河神社に、21世紀型のご縁を取り持つことができるのは、大変ありがたいことです。

今期からは天河神社にて、サンガ会員の無病息災、商売繁盛、良縁成就のご祈祷を執り行い、その模様は天河から生配信されます。

また天河神社ではZENサンガのイベントとして、「祈りと瞑想リトリート」が開かれ、向禅師の祈り、柿坂宮司による秘儀「地護摩奉修」が行われます。

リトリートに参加された方々からの感想はコチラ。
https://niketoko.ti-da.net/e10768993.html



※Zenサンガのお月謝は3000円。
今期募集に限り入会金(19000円)が免除されます。

※入会したものの、ご自分の期待とは違っていた場合、入会後10日以内であれば無条件にキャンセルができ全額ご返金します。

※入会者全員に、柿坂宮司の許可をいただいて、天河の赤い巻物に記された「南無白蛇経」の福徳経典の全文と、向禅師の坐禅会で使われる経文と真言を集めた「ZENサンガ聖典」を無料配布します。





会員特典

◎会員特典1
ZENサンガの期間中は5年間にわたる阿部敏郎、向令孝らの1130本を超える動画を自由にご覧いただけます。 

◎会員特典2
Web講演会・講義には、すべて音声ファイル(mp3)が用意され、移動中のスマホなどでくり返し聞くことができます。 

◎会員特典3
天河神社でのリトリートの先行予約ができ、参加費が約20000円割引となります。(半年分の会費に相当)

◎会員特典4
その他、満員が予想されるイベントや、お宿の先行予約をすることができます。

◎会員特典5
サンガ講師とのイベントは、割引料金または無料にてご招待します。

◎会員特典6
新宿文化センターや禊殿神事など、天河関連のイベントビデオが無料提供されています。

◎会員特典7
毎週のNIKE瞑想会の全てのライブ配信に参加できます。




講師陣のご紹介

阿 純章(おか じゅんしょう)
 天台宗圓融寺住職・仏教学者
 早稲田大学大学院東洋哲学専攻博士課程修了
 北京大学東洋仏教思想史博士課程修了
 早稲田大学非常勤講師


奥平 亜美衣(おくだいら あみい)
 お茶の水女子大学卒業後、OL生活を経て自由な生き方を模索
 引き寄せの法則関連の著作は70万部のベストセラー
 インドネシア在住


香咲 弥須子(かさき やすこ)
 人を覚醒に導く「奇跡のコース」(A Course in Miracles)の教師として、
 ニューヨークを拠点に活動中。
 いままで教えられてきたことを全部洗い流して、本当のあなたで本当の人生
 を生きるきっかけを得ていきます



ある日のZENサンガ

12月1日に東京圓融寺で行われたZENサンガの講演会です。12月30日までの限定公開となります。
公開は終了しました。
sample

ZENサンガでは、向禅師による週三回の早朝坐禅会、夜の坐禅会、法話の他に、隔週での阿部敏郎のWeb講演、さらには講師陣と阿部敏郎との対談講演を配信しています。

生配信にお時間が合わない方には、すべての配信を録画し公開していますので、ご都合のいい時間にご覧いただけます。

また期間中に、方広寺2泊3日間の接心(修行道場の疑似体験)、天河神社3泊4日のリトリートも特別料金で参加いただけます。

ZENサンガに参加されている皆さんの感想文は、「サンガの声」ページに収録されています。




私たちがご案内します


阿部 敏郎       向 令孝

二人は20数年間コンビを組みながら、多くの人が本当の自分を思い出し、安心と共に生きるサポートをしてきました。

仏教用語を解説したり、坐禅を教えてくれる場所はたくさんありますが、それがいったい何を指しているのかの真理を、いまの言葉で等身大に伝えている場所はまだ少ないと思います。

そしてこの真理の中にこそ、誰もが求めている本当の幸せが待ち受けているのです。

それはいつも「いまここ」にあります。

社会生活を離れたところの魂の共同体として、新しいもう一つの人生を創り出していきましょう。


向 令孝(むかい れいこう)
浜松市祥光寺住職。臨済宗方広寺派元教学部長。71歳
18歳の時、目の前で急逝した父親を見て命の無常を知り、禅の世界に飛び込み、いきなり見性する。
関西学院大学卒業後、大手流通企業に就職するが、29歳で出家得度。
見性した禅僧としてではなく、あたりまえの一人の人間として法を説く。
修行僧たちの指導責任を担うと共に、毎年ヨーロッパに招かれ、現地のリーダー層に参禅指導を行っている。



「禅」とは何か

「禅」の根本は何かと問われ、
ある禅マスターは、指一本をスッと立て、
ある禅マスターは、「まあ-、お茶でもどうぞ」と応対し、
ある禅マスターは、「カーッ!」と一喝し、
またある禅マスターは、沈黙したままでした。

このように「禅」は、
形を超えているゆえにどのような形にもなり、
言葉で対象化して示すことのできない、
宇宙を包み込んでなお余りある「いまここ」に活き活きと働く大いなる命です。
ですから「禅」は、「禅」という言葉も超えた万人に開かれた真理そのもので、特定の宗教や教義に限定されるものではありません。

そして今や“ZEN”という表記で世界的に認められているように、
民族や国家のワクを超えて、すべての人々に活きて働いている真理です。

今日も地球上では、宗教や民族あるいは価値観等の違いによる紛争や戦争が絶えません。そうした紛争や戦争の根本にあるのは、自他を隔てる対立・分離の意識です。
そんな対立の中で苦しんでいる人々も、ひとしく同じ空気を吸っているように、
実は皆同じ命を、「ZEN」が示す大いなる命を共に生きているのです。

このワンネスの本来の大いなる命に気づき、その命を徹底して生きることで、
「みんな、もともと同じ命を生きているのだよ!」ということを、
日本のみならず世界中に発信し、その地平で共に生きる仲間をふやすことが、
ZENサンガに集う仲間の共通の使命です。
 
「禅」の真理を徹底して生きる道は、
自己の思いを離れること、自己を忘れることです。
自己を忘れるには、
全身全霊を「いまここ」に投げ出して与える
慈しみと愛の実践が一番のダイレクトな道です。
地上の最高の幸福は、
自己を忘れ、慈愛をもって「いまここ」を生きることです。

阿部さん、そしてサンガの皆さんと、
この真実にして幸福な道を共に歩んでいけることに限りない喜びを感じています。




サンガの誓い

サンガメンバーが共有している誓いの言葉です。

それぞれに与えられた人生の中で、一隅を照らして生きましょう。


誓いの言葉