9月11日かんながらブログのコメント欄より転載。
9月8日〜10日に開催された、方広寺接心参加者の感想コメントです



3. しんちゃん 2017年09月11日 11:52

方広寺接心に参加させて頂きました。

仲間達で円を囲むシェアの時間の際に、参加者の方がポツリと自分の弱さを言葉にされました。それを聞いているうちに、『私も自分の抱えてるこの苦しみを外に出したい、外に出したらどうなるんだろう?』というとても強い衝動が、胸から溢れてきました。

この場の空気を壊す事を心底恐れましたが、震えながら勇気を出して、抱えていた苦しみを言葉にしました。
その時に起こった事は、正直言葉では伝えられません。
私は涙を流しながら、仲間達が何故か泣いてる顔や、愛の言葉や、その優し過ぎる場を感じ続けました。





4. しんちゃん 2017年09月11日 11:52

特に印象深かったのは、服を脱ぐように強さ捨てていくたびに、優しさというか守られているという感覚が強烈に入ってきた事です。
その時に溢れたのは『ああ世界はなんて優しいんだ』という想い。

その後も円を作って話をする場は続きましたが、私の心も、その場に対する認識もすっかり変わってしまいました。
一瞥とは違うのだと思います。でもそんなのものは正直どうでも良かったです。

私が感じたのは、もうただその場に対する深い信頼と愛情。
寝ても泣いても怒ってもいい。
何があっても大丈夫だという安心感。安心しようとかじゃなくて安心しちゃう。
だからどうしても笑顔になってしまう。

その時に感じたのは、『阿部さんや、向和尚が見てるのはこの場からの風景なんだ。
だから、あんな穏やかで平和な言葉出てくるんだなと。
本当に本気に言ってたんだな』という納得。

長くなりました。
あの場に一緒に居てくれた仲間達。
人の愛の力はなんて凄いんだろうと思いました。

私は命を救われました。
本当に本当にありがとう、心から。
もし、仲間達の誰かが苦しみのうちに在ったのならどうか次は私が抱きしめさせてください。

そして、この場まで運んでくれた大いなる流れに感謝します。

素晴らしい出会いがありました。
なっちゃん、本当にありがとう。私は幸せになって生きていくよ。





9. しんちゃんへ 2017年09月11日 13:11

方広寺接心の参加者です。
私こそ、あの場を共有できてよかったよ。
あなたが、あの場に愛と優しさを運んできたよ。
涙あふれて言葉が出てこなかったけど、私も実はずっと以前に同じような思いをしています・・・
時を経て思うことは、自分自身が幸せに生きることが最高の供養ではないか・・・ということです。
「私は幸せになって生きていくよ。」いい言葉ですね。





14. あきもん 2017年09月11日 14:11

方広寺の接心に参加しまして、3日間皆さんにお世話になりました。
どうもありがとうございました。

最終日、車座に座りそれぞれの感想をシェアしましたが、やはりなかなか自分の心に秘めた弱さを口にするのは勇気がいるものです。
特に男性ではその気持ちがより強いものだと感じます。

そんな中、しんちゃんが口にした辛い過去。
「起きることしか起きない」という真実の世界からのアドバイスは頭では理解しているものの、自らの状況に照らし合わせてなお苦しかったと思います。

車座の真ん中にしんちゃんが座り全員で般若心経を唱えた時、あの場が正に愛のエネルギーそのものだったのでしょう。
私も唱えていて途中から感謝の嗚咽にむせび、ただただ「ありがとう」しかありません。

素晴らしい愛の現れに共振共鳴して、これがサンガとしての在り方なのだと感じました。

しんちゃん、よかったね!
こちらこそ、どうもありがとう(^O^)





18. あけみ 2017年09月11日 16:34

方広寺接心に参加しました。

大きな杉があって緑が多い、山の中のお寺です。
たくさんの羅漢さんが道の脇におられます。
休み時間のたびに散歩に出ました。

本堂濡れ縁で坐る夜坐(やざ)は異空間です。
また、全員での読経はとても力強い迫力。
勝縁(しょうえん)でした。

私は、完全に場に寛ぐことはできなかったけれど、それもよし、です。
ありがとうございました





22. 烈舟(れっちゃん) 2017年09月11日 18:22

しんちゃんよかったね読経後のしんちゃんの変わりようをみて思わず万歳をあげました。
しんちゃんのやさしさがそのままあそこにいた全員に乗り遷ったというか映し出されたんだよ。
あ~ここに世界をしあわせにしてくれるひとがまたひとりあらわれた。





23. あきちゃん 2017年09月11日 18:35

方広寺の接心に初めて参加しました。このブログにも初めてコメントさせていただきます。
ともかく素晴らしいサンガでした。シェアリングの時に、私も今までにない、言葉には言えない暖かく溶けていくような感覚がおこり、思わず涙ぐんでいました。最初は、しんちゃんの苦しみの波動が伝わってきて、そこに共鳴して泣き、その後で、阿部さんの真実の言葉、皆さんからの暖かい言葉により、あの場に愛の波動が立ち上がり・・。大きなものに包まれていて、今度は感動のために泣いてしまいました。その場にいなかったこっさんが戻ってきて、何も伝えてないのに、「この暖かさはなんだ!宇宙のスーパー大温泉に浸かっているみたいだ。」と言ってましたが、あれこそが、スーパー大温泉だったのですね!その場にいなくてもエネルギーが伝わっていたのですね。すごいことですね。60年以上生きてきましたが、あのような体験は初めてのことでした。私の世界に対する見方が変容してしまいました。きっと忘れないと思います。もっと優しい気持ちで生きていけるような気がします。心が変われば生き方が変わるといいますからね。





25. makorin 2017年09月11日 19:55

接心に参加させていただきました。
只、座る、歩く、食べるなど、日常生活を通して、いまここに生きることを思い出せてくれる禅の理念は素晴らしいと思いました。

また、同じ志を持った仲間だったので、すぐに打ち解け合い、リラックスした時間を過ごせたと思います。

本当に気づきや感動やを得た有意義な3日間でした。
阿部さん、向さん、参加者の皆さんありがとうございました。
そして、しんちゃん感動をありがとう。





28. くみちゃん 2017年09月11日 20:55

方広寺の接心参加させていただきました。

悩み事の答えは外に求めるのではなく自分の内にあるとの事に何年かかかりようやく気が付き瞑想、座禅にたどり着きました。
日常生活に埋没する中で一人では怠けがちになるので、同じような感性を持った人たちと一緒に過ごす事でモチベーションになればと気軽に参加しました。

上下の人間関係、肩書きや役割もない中で過ごした3日間は本当に心地良いものでした。
虫の声を聞きながらの座禅。WEB配信では味わえない体験だったと思います。

場の流れの中でのしんちゃんの告白となり、それを見守り全てを受け入れるあの雰囲気はやはり皆が集う接心ならではでないでしょうか。セミナーや講演会とも違う、皆が同じという感じです。
まさにスーパー宇宙温泉につかっているように温かいほっこりとした気分でした。

阿部さんご夫妻の夫婦漫才も大好きですが、こっさん愛ちゃんの掛け合いもとっても楽しかったです。
ミニ香盤もしっかりした作りで座禅のお伴にとても良いと思います。

ひとつ気になったのですが、遠方の方も残って掃除片付けされてましたので使わせていただいたお部屋のお掃除までをスケジュールにいれた方が良いのでないかと思いました。

全体としては素敵な仲間ととても充実した3日間を過ごす事が出来てとても楽しかったです。
いつでも帰られる家が出来たような気がします。

ありがとうございました。





32. 星野尚香 2017年09月11日 22:01

接心参加者の地味なピーです。

しんちゃん、話しかけた時ほぼ無表情だったから、
私はマジ嫌われていると思って若干凹んだ(笑)。
しかし、ヨカッタ、ヨカッタ。

彼女、笑顔のしんちゃんを見て間違いなく
狂喜乱舞しているはず。

だって、生きてる人と死んでる人の間に
境界なんかないものね。
これからも、ニコニコ元気に働いていこうね〜♪

また、ぐっさんも、本当ヨカッタよー。

真理の探究はやめて、
今目の前の存在である、
家族や周りの人との時間を大切に生きる

と言う話、心底感動したよー。

人間いつ死ぬかわかんないんだから、
死んだ時『あー、あの時あーしとけばよかったー!』と後悔することのないよう、
思い残すことのないよう、
ご家族とステキな時間を過ごしてね!

メイちゃんも、
箱に収まるサイズのコンパクト座り、
すみっコぐらしのキャラクター、
もはやあなたの魅力でしたー(笑)

いずれにしても、
阿部さんや向和尚、そして
参加者の皆さんのおかげで
本当に大安心できた接心でした。

ありがとうございました。
(^人 ^ )合掌





36. けんちゃん 2017年09月11日 22:40

方広寺の接心参加させていただきました。
今回向老師と阿部さんのお二人が3日間通じて参加して頂き、無や、愛、見性体験したらこの3次元で何か変わるのか、など色々なお話が聞けて、とても有意義な時間でした。
この愛は通常思っている愛ではなく、言葉にならないワンネスの根底のあるものとの認識はありましたが、何と最終日にしんちゃんがコメントで書いてくれたように、これを実感する体験がありました。
しんちゃんのお陰で、参加者みんながそれを感じたと思います。
また、サンガという仲間の集いがどれだけ素晴らしいものかも、この3日間通じてより思いました。
とても貴重な3日間、向老師と阿部さん、そして参加のサンガの皆さん、ありがとうございました。





38. miyaちゃん 2017年09月11日 22:51

方広寺接心の一般的な感想です。

日常を離れた、雄大な自然の中での坐禅三昧の生活、素晴らしかったです。
本堂濡れ縁での夜坐、言葉を介さない食事スタイルは新鮮で、ど迫力の半僧坊でのご祈祷は感動ものでした。
お経よし、法話よし、こっさんと愛ちゃんと阿部さんの掛け合いも楽しく。
何と言っても圧巻なのは、シェアリング時の深い体験。「愛」というべき場の共有体験に参加できたこと。
暖かくて、オモシロくて、楽しくて、そして、深くて・・・・
心に強く残る、盛り沢山の方広寺接心でした。





40. うなぎにも感動しました 2017年09月11日 23:48

接心の感想です。
一言で言うと、とても楽しかった。
バス停から門を入って登っていく道が趣きがあり、なんともいえずきれいだった。
坐禅は、時として足が痛く、まだ終わらないのかなーと思ったりしたけど(笑)、
大勢でぴーんとした空気感で坐れてよかった。
ご飯は、最初やり方に慣れなくてあまり食べた気がしなかったけど、
だんだんと要領を覚えてきて、黙って一つずつ味わうこともいいなと思った。
(今日のお昼、気が付いたら同じように一つずつ食べようとしてました(笑))
みんなが用意や片付けがどんどん早くなっていくのが、面白いほどだった。
夜坐は夜の空気が気持ちよかった。
朝のストレッチで、いつのまにか自然な腹式呼吸になっていて、びっくりした。
向さんの自然体、阿部さんの的確な受け答えに感心。
3日目に輪になった時には、場が生きているように感じた。
確かに人はこれを一番味わいたいのかも。なんともいえない気持ちになった。
ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました!





2. タッキー 2017年09月12日 00:06

方広寺の接心に参加させていただき、ありがとうございました。

シャバにおいては、何かしているか、ぼーっとしてるか、寝てるか、の私には、
静寂を大事にしながら、”ただ座る”。”ただお経を読む”。”ただ歩く”。”ただ食べる”。”ただ笑う”。”ただ聞く”。”ストレッチでただ身体が痛い”。”ただおしゃべり”。”ただ休む”・・・
スケジュールに沿って進められ、訪れて来るあれこれに、”ただ向き合って行う”。
それでいい、それがいい方広寺の接心は、とても充実していて、あっという間の3日間でした。
あれこれと思考が飛び込んで来てもそれをシンプルに感じられ、そのままにしておいたり、止めてみたりしていました。
これを日常にして行きたいと思います。

また、皆さんも触れているしんちゃんの件は、悲しい出来事で自分を責め苦しんでいたしんちゃんと、最後にしんちゃんに会いに来たなっちゃん?
供養の為に、二人を丸く囲んで般若心経を唱えようという阿部さんの提案から、不思議と目から出てくる涙ながらに精一杯般若心経を大きな声で読んでいましたが、こういう事ができるお経っていいですね。般若心経もしっかり憶える事にします。

しんちゃんは、3日目早朝のご祈祷の時に、向さん曰く「気持〜ち良く太鼓をたたいて」般若心経を読経する向さんの事を「皆さんの為に祈っていらっしゃってありがたい」といった印象の感想を言われてましたが、まさにしんちゃん自身を投影した姿を向さんに見てるんだな。しんちゃんはそういう人なんだな。と思いました。
ちなみに私は、同じこっさんの姿を見て「気持ち良さそう〜っ」と思ってました。私もしっかり自身を投影していた様です。
同じ事が起こっても、人によって本当に見え方は違うものですね。

また、参加者の皆さんについて印象的だったのは、誰かがぽつりぽつりと話し始めると、その人が戸惑ながら話し時間がかかっても、話しきるまで静かに最後まで聞いている。食事や他の機会で誰かを待つ事があっても、静かに待っている。
やさしく素敵な人しかいないんだなと感じ、一緒に待てた自分を少し嬉しく思いました。

方広寺の接心は一般募集もしているので、普段は禅以外の事に興味がある人でも参加されたら良い様に思います。





45. よしちゃん 2017年09月12日 00:09

方広寺接心に参加しました。
人は,それぞれ境遇や個性もまったく異なりますが,こういうふうに溶け合えるものだったのか,と人間って,いのちって,すごいと思いました。
渦巻き,起って来る「場」のエネルギー,あの般若心経の感覚は,言葉では言い表せません。創ろうと努めても再現できないものです。
みなさん,ありがとうございました。しんちゃん,勇気,ありがとう。





52. きっちゃん 2017年09月12日 14:35

方広寺接心に参加させて頂きました。

しんちゃんの言葉にふれて、私の体験がよみがえりました。
私が話そうとして話したんじゃなくて、勝手に出ちゃった感じです。
計らいのないところで、起こることが起こるのね。

スーパー宇宙温泉のなかで、気づかずに握り締めていた思いが、開いて消えていきました。
私の思いと共に、夫も成仏したことでしょう。

サンガの皆様、本当にどうもありがとうございました。





57. めい 2017年09月12日 23:14

方広寺の接心に 参加させてもらいました。

むかいさん あべさん あいさん
たきざわさん スタッフのみなさん
参加されていたみなさん

方広寺の方 食堂の方 お坊さん
バス停のお饅頭屋さん

みなさん ほんとうに
ありがとうございました。

こころも からだも
ほぐれたみたいでした。

最後の記念撮影のあと
みんな 名札を外して
また 名無しになって
それぞれの生活へ かえっていくのが
印象的でした。

きょうも なんども
みんなに やさしくしてもらったこととか えがおが 浮かんできました。

”にげない めげない あきらめない”
だったかな 入り口の看板に書いてあって

もろうてるやさしさを ひろげられる人に なれるように
素直に 自由に 目の前の人と ほんとに出会って 大事にできるように

弱さからも 未熟さからも
にげないで めげないでいたいです。

きょうも 気づいたら お経を こころの中で 唱えてました。

思考の声がわいたら それに負けんくらい ”むー むー” と こころの声を大きくして いまやるべきことをやる と 決められる瞬間もありました。

いただいた聖典を手にとると 改めて 接心の三日間が わたしの中にあるのを感じます。

出会ったみなさんと こころで繋がっているのを感じるけど また 再会できる日も 励みにしています。

ほんとうに ありがとうございました。

みなさんが お元気ですように。

**





59. てっちゃん 2017年09月13日 09:29

方向寺の接心ありがとうございました。
あのあったかい、そしてすごくなつかしいひびきの余韻を
娑婆に帰った今も ほのかに感じています。
よいんがよいんですね~~(^^)
うまく言葉にならないですが、
また言葉にするとすこし違っちゃう気もするけど
感想を書くって約束しちゃったので
書ける範囲で書いてみます。

自分って幻想なのかもしれないって
なんとなく感じ始めた気づきの中で

わになってすわって 
上も下もなく
等身大で向かい合う

みんなでたき火をかこんで
それぞれの リアルな経験という薪を
今感じているありのままの感情という薪を
今リアルに感じてるストーリーという薪を
自然に湧いてくるままに 開かれてくるままに
火にくべあっていく
そしてその火を囲んでただいっしょにいる

じんわり じんわり あったまりあい
やんわり やんわり 想い出しあう

人って あったかいな~
いのちって ゆたかだな~
今って 限りなくやさしいな~
みんな みんな ありがとう

むす~んで ひらい~て てをうって む~すんで(^^)





61. TK 2017年09月13日 11:27

方広寺の接心に参加し、帰った今も感動が続いています。
ただ坐る、ただ歩く、ただ食べる、いまここに集中することによって心も頭も整理されるような、体まで軽くなったような感じがします。
三昧というのがこんなに楽しいものかと思いました。
こっさんが朝6時から大太鼓を叩きながら迫力のあるお経を読んでくださった時、朝から私たちのためにありがとうございますと思い、感謝を伝えたら
『気持ちええんよ〜』
とのお返事で、こっさんもまた三昧だったということに気がつかせていただきました。
利他心でありながら三昧の境地というのは、知らずして人にも感動を与えるものかもと思いました。
今回、しんちゃんを通して、1人では決して起こらなかったこと、皆んなが集まることにより起こる場を体験させていただきました。
これがサンガなのですね。きっと日常、どこでもできることだと思いました。
素晴らしい接心をありがとうございました。





68. マキネェ 2017年09月16日 07:51

3日間の接心に参加させていただき、大きな学びを得させていただきました。
阿部さん、参加者のみなさん本当にありがとうございました。
場のエネルギー、愛のエネルギーの素晴らしさは
言葉では表現できませんが、幸福でもうこれ以上のものはありません。

しんちゃんが勇気を出して心に押し込めた思い、特に罪悪感は
私自身もずーっと抱えていて、その苦しさに心から共鳴した時気づきがありました。
人を助けたい救いたいという思いは、その罪悪感を埋めるための
ものだったんだと・・。
そしてその前後、近しい人が経て続けに亡くなりましたが
一人は自ら命をたちました。
この接心がなかったら、きっと自分を責めていたことでしょう。
自分で決めたこと、起こることがただ起こっただけ。
そう思えることで気持ちが楽になりました。
「自分のせいじゃないよ」「誰も悪くないよ」そう伝えてあげたいです。
この世は愛を学ぶ学校ですね!